長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」

少量の酒は、健康面にとってはむしろプラスになることがわかっています。たとえば、動脈硬化を防ぐ効果がある。あるいは食欲を増すことにもつながる。だから、酒そのものは決してマイナスではありません。

ただし、問題は飲み過ぎること。アルコールは肝臓でアセト・アルデヒドに分解されるわけですが、それには容量の限度があります。限度を超えるとアルコールのまま血中に残り、それが中枢神経や筋肉に悪影響を及ぼすことがわかっています。ズバリ、酒を飲みすぎると、筋肉がもろに分解されるのです。実際、アルコール中毒の人は筋肉が激減しています。

がんばってトレーニングした後、二日酔いになるほど酒を飲むというのは、まったく二律背反の無駄なことをしているということになります。やはり自分の体で処理できる量をわきまえて、ほどほどに飲むというのが大切です。

続いて、タバコについて。すべてのスポーツにおいて持久性は大切な要素です。持久力をつけるためには、トレーニングをして、回復したらまたトレーニングをする、という回復力が問題になってきます。その回復力には有酸素的な能力が必要になる。だから、タバコは決してプラスにはなりません。高重量・低回数のトレーニングは無酸素系の運動だから、タバコを吸っても大丈夫というのは間違い。マイナスになることは確かです。

やめられればベストですが、タバコは習慣ですから、無理にやめようとすると精神的にイライラしてしまうかもしれない。酒もそうですが、いつも飲んでいる量を控えるのは簡単ではないでしょう。だから最終的には個人の判断に任せるしかない。とにかく、タバコや深酒がマイナスになるということだけは認識しておいた方がいうと思います。

新年会や普段の飲み会などで飲みすぎてしまった方は要注意です。知らない間に筋肉に負担をかけているかもしれません。バランスの悪い筋肉は背骨をひっぱり背骨をゆがめてしまいます。そういう状態では体を傷めやすいです。

当院のB&M背骨ゆがみ整体で体を良い状態に変えていきましょう!

長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」 PAGETOP