長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」

みなさんこんにちは!今回はテーピングについて書いていきます。そもそもテーピングの歴史は古く、アメリカの南北戦争時代に始まり、日本には1975年くらいに伝わってきたそうです。テーピングの目的は、応急処置、障害予防の他に疼痛緩和、筋肉のサポートが挙げられます。疼痛緩和と筋肉のサポート目的で使用するテーピングはキネシオテーピングと言いまして、伸縮性があります。肌に貼る面には、ノリ気のあるところと、そうでないところが交互に織り込まれています。筋肉が縮んだときにノリ気のある部分が皮膚を引っ張り上げてくれます。このときに筋肉と皮膚の間に隙間が出来て血管が広がりやすくなり、血液の循環が良くなります。筋肉の痛みに対して血液の循環は必ず必要になってきますので、急な痛みにはテーピングはとても効果的です。ギックリ腰や五十肩のような症状でお困りの方には特に効果的です。キネシオテーピングを筋肉に沿って貼りますと、その筋肉の補助の機能をしてくれます。太ももやふくらはぎの筋肉の補助もしてくれますので、歩いてて痛い方や、長距離を走ったり、ランニングされはる方などの筋肉のサポートとしても効果的です。お困りの方はお気軽に長岡天神整骨院までご相談ください!!

長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」 PAGETOP