長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」

歩いている時に右足の裏の痛みが出てきた状態で腫れなどはなく 体重がかかると痛みが強く出る状態でした。

施術を行ない、体の状態で分かったことは、右の足に体重がかかるような歩き方や体の使い方をされている事がわかりました。

特に左右の足の裏の筋肉の緊張度合いを見比べた所 明らかに右足の裏の緊張が強くある状態でした。この状態になると基本的には 筋肉に偏った負担がかかる為痛みが出てくるようになってしまいます。

痛みの出ている筋肉のバランスはしっかりと とることによって痛みは良くなってきます。ただ、今までと同じ体の使い方をしていると、同じ右足の痛みは繰り返し出てくる可能性があるのでこのアンバランスな体の使い方を良くする必要があります。

当院では、足の痛みの原因であるところの筋肉の施術を行ない筋肉のバランスを良くしていきます。また、独自のB&M背骨歪み整体で体の軸となる背骨の歪みを良くしていく施術も行っています。

足の痛みなどでお困りの方は当院までお気軽にご相談下さい。

長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」 PAGETOP