長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」

ある利用者さんが 膝の痛みを訴え来院されました。過去にも色々な所にいって膝の状態を診てもらったが、どこも「年のせい」ということで 痛み止めや 湿布 注射などで痛みを誤魔化してこられました。膝の痛みが良くなるのなら湿布でも注射でもいいと思います。ただ、多くの方がその時の痛みは良くなるけどまた膝の痛みは繰り返し起きてくるということでした!!そして多くの方がこの膝の痛みと付き合っていかないといけないと考えておられますが、その膝の痛みは良くなるかもしれません。膝の痛みの原因は筋肉の質が悪くなる事と 筋肉の量が少なくなってきたことにあります。また繰り返し膝の痛みを引き起こす場合は背骨などの体を支える骨の歪みなどが原因として考えられます。当院では、膝の痛みに関わってくる筋肉の施術を行なっています。膝の痛みはお尻の筋肉や太ももの前の筋肉や後ろ側の筋肉のバランス、ふくらはぎの筋肉のバランスが悪くなると 膝の関節を動かす筋肉が上手く使いづらくなり 無理に動かそうとして膝に痛みがでてくる状態になってきます。この様に膝と言っても色々な筋肉が関係しているので 痛みの原因となっている筋肉をしっかりと施術していく必要があります。なので 膝だけに湿布をはることや注射を打つのは、根本的に良くはならないです。根本的に痛みを良くしたい方は当院までご相談下さい。

長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」 PAGETOP