長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」

みなさんこんにちは^^たまーに、すっと冷たい風を感じる今日この頃・・・いかがお過ごしでしょうか?このような冷たい風を感じた時身体に力が入ってしまうのを感じますね。

さてみなさんは、筋肉はどのようにして働いているのかをご存知でしょうか?一番わかりやすいのは縮むことによって体を動かしている働きですよね^^後は一定の姿勢の状態でキープする運動。色々ありますね。筋肉が縮んで運動する働きを求心性収縮と言います。姿勢をキープする運動を等尺性収縮などと言ったりしますが、どんな動作が一番身体に負荷が高いと思いますか?答えを言いますと、遠心性収縮という運動なのですが、どのような運動かと言いますと・・・筋肉は縮もうとしているのに実際は伸びていってる運動です。分かりにくいですね・・・。

例を挙げるならば、皆さんスクワットしたことはありますか?ダンベルをもって膝を曲げていきますよね。この時に膝の表の筋肉(大腿直筋など)は、膝の動きをゆっくり行おうとするため実は収縮しています。でも実際、膝の表の筋肉の運動は伸びています。このような運動を遠心性収縮と言います。このような動作は筋肉にものすごく負荷がかかるので、ケガの原因にもなります。逆を言うと、筋トレをしている人はこの動作を意識的に行うことで、筋力増大を望めます。よく言う腕立てでいうと腕を曲げる時はゆ~っくり、伸ばす瞬間は素早く!というやつです。

長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」 PAGETOP