長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」

皆さんこんにちは^^皆さんは筋肉ってどんな状態が傷つきやすいかご存知ですか?よく筋肉を輪ゴムの状態に例えるのですが、新しい輪ゴムって引っ張っても、びよーんと伸び縮みしますよね?これが古くなると伸び縮みが出来なくなるのでプチンと切れてしまいます。これをギックリ腰に例えたりします。じゃあ逆のパターンはどうなるのか・・・伸びる方でよく言われますが、収縮する時に傷つくかというと・・・実はこれも傷がつきます。筋肉が伸びるのに限界があるように収縮にも限界があります。この限界を超えた収縮をすると筋肉は傷つくのです。限界10縮められる筋肉があったとします。強度3の運動をしようとした時にまだ5までしか縮んでいない筋肉なら限界を迎えずに運動できますが、8まで縮んでいる状態だと限界を超えてしまいますね。過収縮を起こすと筋肉は炎症を起こします。筋肉だけでなく、きつい人は骨にも影響が出ます。裂離骨折というのを聞いたことはありますか?普通は筋肉がずっと骨を引っ張ってしまい、その部位が骨折を起こす症状なのですが、たまに急な動作でも裂離骨折が起こる事もあります。

なので、筋肉は伸び縮み両方しやすい状態に保っておくのが一番大事なのです。あんまり大きな動き取らないし~痛みを感じてないから大丈夫~という人でもある日急に筋肉が耐えられなくなる日が来るかもしれません。そうなる前にメンテナンスをしていい状態に保っていきましょうね^^

長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」 PAGETOP