長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」

膝の痛みでよく聞くのが、歩いている時に痛い、階段昇降が痛い、正座する時に痛いなど、様々あります。そもそも膝には関節があり、その中には骨と骨の間にゼリー状のクッションの役割をする軟骨があります。この軟骨が年数を重ねると、歩いたり動かしたりすることで重心がかかり、すり減っていきます。軟骨がすり減ると、膝の関節の可動域が狭くなるので、無理に動かすと関節に痛みを起こしてしまいます。よく、膝に水が溜まるとクセになるの?と利用者様から聞かれますが、関節内で軟骨がすり減り、上下の骨の衝突により炎症を起こしてしまいます。炎症が起きると、それを抑えようとして防御反応みたいなもので関節内に水が出てきます。水を抜いても、また水がでてくるのは関節内の炎症を察知して体に伝えているからです。

膝に水が溜まると、曲げ伸ばしが制限されたり、無理に動かすと膝の周りの筋肉にも負担をかけてしまうので、どんどん悪循環になってしまいます。軟骨は消耗するので一度すり減った所は元に戻らないですが、負担かかっている周りの筋肉をしっかり施術で緩めていくと、痛みがあった動きをしても、動きやすくなったり、他の所でかばって痛めることもなくなります。

同じような症状でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」 PAGETOP