長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」

膝の痛みについて書いていきます。階段の上り下りがつらいかたや、正座ができない方、歩いていても痛みが出るなど、膝が痛いと悩んでいる方は多いのではないでしょうか?骨と骨が直接当たらないようにクッションの役割をしている関節軟骨が長年の生活習慣ですり減ったり関節を包んでいる関節包が引っ張られる時などに、関節周囲の神経が痛みます。実は腰が悪くて膝への負担がかかって痛みを起こしているパターンが多いのですよ。腰は身体を支えている大きな筋肉で、そこが悪くなると臀部や大腿の筋肉でかばってしまいます。大腿は膝を曲げ伸ばしをする筋肉ですので腰から連動して痛む事が多いです。対処法としては膝に痛みがあるのは膝関節がかみ合ってなく膝に負担がかかってしまっているので無理に歩かない。階段昇降や正座は特に負担がかかりますので極力控えてください。膝が炎症を起こすと膝が腫れることがあるので氷か保冷剤でアイシングをして患部を冷やして熱をとります。また膝周辺の筋肉を使わないと筋力が落ちてしまいますので強い炎症が治まったら膝への負担をかけないように注意をし、膝を伸ばしたままで下肢を挙上する運動をすると膝周辺の筋肉がつき動きが良くなります。当院で行っているB&M背骨歪み整体法で腰への負担を取り除き、筋肉もバランスを良くしていきますので膝にかかる負担もとれます!同じような症状でお困りの方はお気軽にご相談ください!

長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」 PAGETOP