長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」

この時期、足のふくらはぎがつる現象「こむら(こぶら)返り」を起こす方がおおくなっています。足の筋肉の柔軟性が失われて常に働いている状態が続くと起こる事が多いです。どうですか?皆さん経験はありませんか?

私たちの院には足がつる悩みをお持ちの利用者さんが来てくださっています。その中でも片方の足だけがつりやすいという症状の方が多いです。その理由は実は腰が悪いからなのです!!片方だけに負担がかかるということは体重(重心)がそちらのほうだけにかかりやすい身体になっているということです。足の症状の原因が腰にあるとは皆さん思わないのでなかなか良くなりにくいです。ではどうすればいいのか・・・。「重心が傾いている」とは「背骨が曲がっている(歪んでいる)」ということなのです!背骨が右に歪んでいれば右に・左に歪んでいれば左に重心がかかっていることになります。その分下半身に負担がかかり、足がつりやすくなるのです!!

背骨の歪みをただすには背骨とその周りの筋肉をしっかりと良い状態にしてあげないといけません。自分ではなかなか施術する事が難しいところなので私たちにお任せいただければと思います!!

長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」 PAGETOP