長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」

日本人の3人に1人は1週間の運動時間がゼロ。運動不足だと、筋肉が硬くなって全身がこわばる。アスリートじゃないのだから、筋肉が硬くても困らない。などと言うことは間違えです。筋肉の柔軟性の低下は、カラダのコンディションの悪化や体型の乱れとも密接に関わっています。
筋肉を使わなかったり、デスクワークで同じ姿勢を続けたりすると、筋肉はカチカチになります。筋肉が硬くなると、その筋肉を関節の範囲が狭くなり、日常生活でカラダが滑らかに動かしにくくなります。動かしにくい→動きたくないで、運動不足にも拍車がかかります。

姿勢も悪くなります。たとえば、日本人には、大腿後ろ側の筋肉が硬い人が多いです。そこが硬いと骨盤が後ろに引っ張られて腰が丸まり、猫背になりがちです。猫背だと胸がちゃんと張れないので、胸板が薄く貧弱に見えるし、女性ではバストが垂れて見栄えが悪くなります。

さらに、筋肉がこわばると内部の血管が圧迫されて血液循環が悪くなります。筋肉はしなやかに収縮と弛緩を繰り返してポンプのように働き、血液の循環を助けています。筋肉はじっとしているときでも消費されている基礎代謝の40%近くを担っています。血行が悪い筋肉はエネルギー代謝も下がり、太りやすい体質になります。

こうした運動不足によるマイナス要因をすべてプラスに変えるのが、ストレッチです。筋肉を伸ばして柔軟性が上がると、関節の動きが広がってフットワークが軽くなり、正しい姿勢が取れるようになります。血液の循環も良くなり、筋肉の活動量が上昇。基礎代謝が向上して太りにくい体質になります。当院では緊張が強くなった筋肉に対してのストレッチ指導や姿勢のアドバイスもしています。

3月は卒業シーズンですね。しんどいカラダからも卒業しましょう。

長岡京市で整体なら「長岡天神整骨院」 PAGETOP